有限要素法と最適分割法について

発行年月 1978年6月 港湾空港技術研究所 報告 017-02-05
執筆者 東海林秀幸
所属 機材部 主任研究官
要旨 有限要素法による応力計算の精度は,変位関数と分割方法で決定される.高次の変位関数はすでに開発されており,その代表的なものはアイソパラメトリック要素である.一方,構造物の効果的な分割方法は,現在まで検討された機会があまりなく,適当な文献も発表されていない.経験的に分割されているのが現状である.本報告では分割方法によって応力値がどのように変るかを数値計算例で検討し,分割のガイドラインをまとめた.さらに最適分割法の一つとして等エネルギー密度線に基づく分割方法を検討し,その効果を調べ,有効な方法であることを確認した.
全文 vol017-no02-05.pdf(PDF/785KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る