車止めの塗装の標準化について

発行年月 1978年6月 港湾空港技術研究所 報告 017-02-04
執筆者 伊藤隆夫,阿部正美,久保清志,石塚修次
所属 設計基準部 主任研究官
要旨  車止めの堅ろうで美しくかつ経済的な塗装系を検討するため,昭和47年4月に北九州港において素地調整,塗装系等を変えて塗装試験を実施した.試験実施後,5年6ケ月を経過した昭和52年10月に車止めの塗膜等の評価を行った結果,次のことがわかった.
1.素地調整は塗膜の耐久性を左右する最大の要因である.
2.塗装系については,1種ケレン高強度タイプが塗膜の評価,経済比較からみて最も優れている.2種ケレンの素地調整では,2種ケレン標準設計タイプよりむしろ2種ケレン従来タイプの方が優れている.
3.反射シートは,良好な塗膜上にはってあれば十分な耐候性がある.
4.強化合成樹脂製の車止めについては,十分に検討して使用すべきである.
 以上の結果をふまえて,車止めにおける塗装の標準設計改訂の提案を行った.
全文 vol017-no02-04.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る