集中荷重をうける鉄筋コンクリートスラブの設計法に関する研究

発行年月 1978年6月 港湾空港技術研究所 報告 017-02-03
執筆者 関博
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  さん橋式けい船岸上部工や防波堤ケーソンの構造部材であるRCスラブを対象として,集中荷重が作用するときの固定スラブの終局耐力に関して実験的・理論的検討を行なった.
 供試体は周辺に補剛はりを有する一辺が1.0mの正方形スラブであり,主にスラブ中央に集中荷重を載荷した.試験結果から,破壊荷重の1/2以下の荷重ではひびわれ幅は0.2mm以下であること,スラブには圧縮面内力が発生すること,現行設計法は固定スラブの終局耐力算定には不十分であることなどが明らかとなった.
 このため,面内力効果を考慮した曲げ耐力およびせん断耐力の算定式を誘導し,計算値と試験値がほぼ一致することを確認した.さらに,せん断耐力の算定式を用いて,設計に容易に利用できる次式のようなせん断強度計算式を提案した.
全文 vol017-no02-03.pdf(PDF/5.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る