水平版に働く揚圧力に関する研究

発行年月 1978年6月 港湾空港技術研究所 報告 017-02-01
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,和泉田芳和
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  ドルフィンや桟橋上部工などを対象とした水面付近の水平版に働く進行波および重複波による揚圧力の実験結果に基づく算定法を提案した.揚圧力強度は衝撃圧と静的圧力の和で表わしている.衝撃圧の算定においては無次元関数K(x,t)をいかに与えるかが最も重要であり,波面と水平版との交角βにより三つの領域に分けこれを公式化した.
 本算定法によりいかなるβの値に対しても揚圧力強度,全揚圧力などを求めることができる.ただし,負のβを水平版岸側に直立壁があって波面の接水時に幾何学的に空気が閉じ込められるかたちとなる状態に対して定義している.
 局所的揚圧力のピーク値の測定結果はかなりばらついているが,全揚圧力のピーク値の計算結果は測定値のほぼ上限を与えている.計算に際しては,乱されないとしたときの波形が必要である.本研究においては,進行波,重複波ともに第3次近似理論を用いた.
全文 vol017-no02-01.pdf(PDF/3.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る