沿岸波浪推算法についての考察-港湾における実施上の問題点-

発行年月 1978年3月 港湾空港技術研究所 報告 017-01-03
執筆者 高橋智晴,広瀬宗一,佐々木徹也
所属 水工部 海象観測研究室
要旨  波の発生・発達はphillipsの共鳴理論,Milesの不安定機構により定性的にはよく説明されるが,有義波法において扱いにくいうねりの特性,風域幅の影響について種々の矩形モデル風域に対するスペクトル法の計算結果から考察し,風波の推算式,うねりの推算式,有効フェッテに関する定式化をおこなった.これらの結果より,従来有義波法で用いられている公式の問題点,あるいはスペクトル法を用いた場合の基本的相違が把握される.
 波浪推算実施上において定量的影響を与える海上風の算定に関し,大気の安定度,緯度,高気圧性,低気圧性の海上風算定結果,波浪に与える影響についても検討した.
 最後に,現地波浪についての代表的推算結果について検討し,有義波法,及びスペクトル法における定量的,定性的比較をおこなっている.
全文 vol017-no01-03.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る