潜在水硬性材料の空港舗装路盤としての評価

発行年月 1977年12月 港湾空港技術研究所 報告 016-04-02
執筆者 佐藤勝久,福手勤,佐藤峰夫
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  コーラルリーフロック,粒調高炉スラグ,石灰安定処理材の自硬性,自癒性を明らかにし,試験舗装での結果も総合して,これら材料の空港舗装路盤としての合理的な適用につき検討した.
 C.R.R.の強度は初期にで以降増加はわずかである.粒調スラグ,石灰安定処理材は全般に遅硬性で,材令とともの強度増加は大きい.強度回復機能については,C.R.R.は材令にかかわりなく持続するのに対し,粒調スラグ,石灰安定処理材は材令とともにその能力を落とす.また固結したものの変形係数は,その一軸圧縮強度との間に,E=600σ (σc≦40kg/cm2),E≦22.5σ (σc>40kg/cm2)の関係がある.
 等値換算係数は,C.R.R.自身(気乾)が1.3,C.R.R.にセメントを2%添加したものが1.5,粒調スラグが材令6か月で1.8,石灰安定処理材が初期から大きく,材令6か月で1.8以上と推定される.
全文 vol016-no04-02.pdf(PDF/2.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る