待ち合せ理論による最適バース数の決定に関する研究

発行年月 1977年9月 港湾空港技術研究所 報告 016-03-04
執筆者 奥山育英,口田登
所属 設計基準部 システム研究室
要旨  港湾におけるバース数の決定にあたって,オペレーションズ・リサーチの一分野である待ち合せ理論を利用して得られた研究成果に費用の概念を付加して,総損失費用の最小化という基準の下での最適バース数を求める図表を作成し,利用法と問題点等にふれた.
 利用するにあたって必要な入力情報は,バースへの船舶の到着はポアソン到着,接岸時間分布は比較的よくあうフェーズ2および3のアーラン分布のほかに両極端であるランダムの場合とレギュラーの場合の4種類の分布のいずれかでとり扱い,1)船舶の平均到着λ,2)1バースあたりの平均処理能力μ,3)単位時間あたり1バースあたりの遊休損失費用cb,4)単位時間あたり1船あたりの船待ちによる損失費用cωである.バース側の費用を,遊休損失費用とせず,建設費と維持費の和c’bという形で与えた場合にも言及し,この場合も動揺の図表で処理可能なことを示した.
全文 vol016-no03-04.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る