ドルフィン上部工に作用する水平波力

発行年月 1977年9月 港湾空港技術研究所 報告 016-03-02
執筆者 谷本勝利,高橋重雄,轟正彦,和泉田芳和
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  ドルフィン上部工を対象とした水面付近の矩形版に働く水平波力の算定法を検討した.
 まず,対象とする構造物が水面付近にあって波頂面付近の一部分のみが作用すること,及び構造物の大きさが波長に比べてそれほど大きくないことを考慮して,矩形版に働く水平波力をFroude-Krilovの力に比例する成分と水粒子速度の自乗に比例する抗力成分の和で表わしている.そして,Froude-Krilovの力に対する補正係数CF及び抵抗係数CRを,正方形版に対する三次元実験結果に基づいて評価した.その際,入射波の波面形状,圧力,水粒子速度成分はStokesの第三次近似理論を用いて推定している.こうした結果を用いて,ドルフィン上部工に働く水平波力の算定が可能である.そのほか,カーテンウォールやある程度の吃水を有した箱状固定構造物の場合についても検討している.
全文 vol016-no03-02.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る