完全反射堤及び消波堤による波の回析計算

発行年月 1977年9月 港湾空港技術研究所 報告 016-03-01
執筆者 高山知司,神山豊
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  波の回折計算は適切な防波堤配置を決定する上で非常に重要な問題である.海の波は方向スペクトルを有する不規則波な波であることを考慮して,不規則波に対する回折計算法が開発されているが,次のような場合には適用できない.
 1)任意の反射率を有する防波堤の場合
 2)防波堤の背後で反射された波が港内に入射する場合
 3)二次回折を起す場合
 本論文では,これらの未解決問題を解消する新しい計算法を提案した.規則波に関しては数値波動解析法と比較を行い,その結果,本計算法はかなり有効であることがわかった.さらに,単一方向不規則波を用いた回折実験を行い,かなりの精度で実際問題に適用できることがわかった.
全文 vol016-no03-01.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る