波浪の統計的変動性に関する数値実験

発行年月 1977年6月 港湾空港技術研究所 報告 016-02-01
執筆者 合田良実
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  有義波高や有義波周期など観測によって得られた波浪の統計量は,波の不規則性に起因する統計的変動性を伴っており,真の値の回りにばらついてる一つの標本値と考えられる.この変動性を検討するため,光易型方向スペクトルを持つ波の波形を線型シミュレーションによって作成し,各種の統計量を解析した.波形は有義波周期の1/10でサンプリングし,データ個数を125,250,500,および1000と変化させた.
 波浪の統計量は,その標準偏差が波数の-1/2乗に比例するものが大半である.波数100の記録の有義波は波高で約6%,周期で約4%の標準偏差を示し,他の代表波の諸元はさらに大きな変動性を示す.また,波形の標準偏差の変動性は有義波高よりも僅かながら小さい.
 現地波浪の変動性は,若干のデータの統計解析によればシミュレーションの結果よりも大きいようである.
全文 vol016-no02-01.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る