海上航行船舶挙動に関する研究(第2報)-実態調査手法の確立-

発行年月 1977年3月 港湾空港技術研究所 報告 016-01-02
執筆者 奥山育英,早藤能伸,中辻隆,佐々木芳寛,吉田行秀
所属 設計基準部 システム研究室
要旨 本報告は,第1報の観測法と解析法の確立を発展させ,観測法については,カメラによる観測と複数レーダーの同時観測の手法を確立した.また,解析法については,方向別通過隻数と平均速力のウインドローズ表示,危険度,船の流れ,相対航跡,2船間の接近距離分布,ゾーン間OD隻数,交差地点分布図を新たに開発し,航行船舶の実態観測から実態の把握までを著しく省力化,および時間の短縮化を図ったばかりではなく,在来のマニュアルによる解析では,ほぼ不可能であった解析をも可能にした.
全文 vol016-no01-02.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る