振動三軸試験による飽和砂の液状化特性

発行年月 1976年12月 港湾空港技術研究所 報告 015-04-02
執筆者 梅原靖文,善功企,浜田浩二
所属 土質部 土性研究室
要旨 4種類の飽和砂について,非排水繰り返し三軸試験を実施した結果,次の結論を得た.1)液状化強さは,相対密度や平均粒径の影響のみによるものでなく,砂の種類により異なる.このことは,圧縮性の相違をもたらす砂の表面形状,粒子構造などの微視的要因によると考えられる.2)慣用の排水せん断試験による圧縮性が,液状化強さによく対応することから,液状化強さが慣用の三軸試験の結果から推定しうる可能性がある.3)動的内部まさつ角φ′Dは,静的内部まさつ角φdよりもかなり小さい.両者の正接の比tanφ′D/tanφdは,砂の種類,相対密度にかかわらず,液状化強さと一義的に対応する.4)振動三軸試験結果を用いて新潟地震における液状化地盤を解析した結果は,地震前後のN値の変動をかなり良く説明した.
全文 vol015-no04-02.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る