流れの中の風波についての実験的研究(第2報)

発行年月 1976年12月 港湾空港技術研究所 報告 015-04-01
執筆者 加藤始,鶴谷広一,土肥俊満,宮崎豊
所属 海洋水理部 水理研究室
要旨 水循環装置のついた大型風洞水路を使って,流れの上に生じる風波の発達を実験的に調べた.流れについては7ケース,風については2ケースの合計14ケースについて実験を行った.波の測定は吹送距離27.75mまでの6点で,抵抗線式波高計を用いた.各ケース,各点ごとに吹送流を含んだ流速分布をくわしく測定し,これをもとに計算された波速の結果を利用して,測定された見かけのスペクトルから波数スペクトルに代るものとして真のスペクトルを求めた.得られた真のスペクトルから,発達段階にある成分波はフェッチに対しほぼ指数関数的に発達すること,また流れは実質的な吹送距離を変化させる効果をもつことがわかった.η2から求めたH1/3と卓越波の波長Lmは流れと共に規則的に変化している.最後に流れなしの吹送距離と力学的に等価な吹送距離を使ってH1/3とf0mが無次元プロットされ,Ua=8.2m/secの場合には全ての流れのケースのデータが1つにまとまることを見出した.
全文 vol015-no04-01.pdf(PDF/2.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る