海底パイプラインに作用する衝撃荷重の実験的研究

発行年月 1976年9月 港湾空港技術研究所 報告 015-03-05
執筆者 中山茂雄,清宮理,藤澤孝夫
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨 本文は,埋設された海底パイプライン直上に,錨などが落下した場合の現象を模型実験により再現し,その時のパイプラインの挙動について検討した結果をとりまとめたものである.実験には原型載荷槽を使用した.実験地盤内に鋼管(長さ10.0m,管径318.5mm)を埋設し,錨の代用としての円筒形をした重錘を落下させて,地盤内土圧,鋼管ひずみなどを測定した.重錘の地盤への貫入量は,重錘の単位面積当りの重量,落下高さ及び地盤反力係数によって決まるものであること,衝撃荷重によって鋼管上に作用する鉛直土圧の算定には,陸上埋設パイプラインなどで用いられている衝撃係数(0.5~0.75)よりはるかに大きな値を用いなければならないことなどが明らかとなった.また,鋼管の応力度の算定に対しては,軸方向応力度を弾性床上の梁と仮定し,円周方向応力度をスパングラーの提案式によって計算を行っても実測値と比較的よく一致する場合があることがわかった.
全文 vol015-no03-05.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る