繰返し荷重を受ける鉄筋コンクリートばりの疲労強度(第1報)

発行年月 1976年9月 港湾空港技術研究所 報告 015-03-04
執筆者 堀井修身,上田茂,柳沢雄博
所属 構造部 海洋構造研究室
要旨  鉄筋比,コンクリート強度,スターラップ量を種々に変えた鉄筋コンクリート桁を製作し,大型電気油圧式振動疲労試験により静的載荷試験,片振り載荷試験及び両振り載荷試験を行い,鉄筋コンクリートばりの疲労性状,疲労耐力について検討を行った.
 これらの試験結果から,静的載荷ではせん断破壊を生じない鉄筋コンクリートばりであっても繰返し荷重を受けるとせん断破壊が先行することがあり,このときの疲労耐力は,曲げ破壊を生じるときの疲労耐力に比べて著しく低いことを示した.また,両振り載荷の疲労耐力は片振り載荷の疲労耐力よりも極めて低いこと,両振り載荷の100万回曲げ疲労耐力は,鉄筋比やコンクリート強度によって異なるが,σc=240kg/cm2,p=0.7%の鉄筋コンクリート梁の場合でSD-35ではσsa=1,800kg/cm2が妥当であることを明らかにした.
全文 vol015-no03-04.pdf(PDF/2.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る