空港舗装用アスファルトコンクリートのレオロジー的考察

発行年月 1976年9月 港湾空港技術研究所 報告 015-03-03
執筆者 福手勤,佐藤勝久,渋谷英男
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  空港アスファルトの舗装のわだちぼれ対策の1つとして,アスファルトコンクリートに注目し,4種類の混合物に対して3つの温度条件で,クリープ試験および繰返し三軸圧縮試験を行なった.
 その結果,使用バインダーが同一ならばギャップ粒径の骨材を用いたものの非回復性ひずみは,応力が小さいうちは他の骨材を用いたものよりも小さいが,応力が大きくなると他のものよりも大きくなることが確認された.また,ゴム・樹脂を添加した特殊アスファルトを用いたものでは,応力の大小によらず非回復性のひずみは小さいことも確認された.
 その他,アスファルトコンクリートのクリープコンプライアンスがアスファルトのスティフネスで整理されること,また一般化Voigtモデルでよく近似できることも確認された.
全文 vol015-no03-03.pdf(PDF/980KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る