強震記録の上下動成分の解析と重力式岸壁の安定に関する事例研究

発行年月 1976年6月 港湾空港技術研究所 報告 015-02-07
執筆者 上部達生,野田節男,倉田栄一
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨  地震時における構造物の安定に及ぼす地震動の上下成分の影響を明らかにするため,強震記録に基づく検討を実施した結果,以下に示す事項が明らかとなった.
1)水平最大加速度が50gal以上の記録については,上下最大加速度と水平最大加速度(水平2成分のうち大きい方)との比率(上下水平最大加速度比)は1/2以下であった.
2)上下最大加速度と水平最大加速度が発生する時刻が同一でないことを考慮すると,構造物が滑動及び転倒に対してもっとも危険な状態となる時刻における強震記録の上下加速度と水平加速度の比を求めた結果は1/3以下となった.
3)港湾構造物に対する現行設計法に鉛直震度を加味し重力岸壁について安定計算を実施した.この結果,今回検討した重力式岸壁については,鉛直の震度の影響は小さかった.
全文 vol015-no02-07.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る