潮流計算における境界等の取扱い-特にADI法による検討-

発行年月 1976年6月 港湾空港技術研究所 報告 015-02-06
執筆者 堀江毅,金子安雄,村上和男,細川恭史,亀山豊
所属 海洋水理部 主任研究官
要旨  潮流計算における防波堤等の幅をもたない線境界,防波堤開口部や透過堤等の取扱い,境界における流速制御の取扱いについて述べるとともに,座標軸や格子間隔その他計算に際して問題となる項目について検討したものである.
 計算対象領域,座標軸の方向,格子間隔などは計算結果や演算時間に直接影響するので,それらの決定には注意を要すること,小メッシュモデルの計算過程において発生する蛇行流は水平混合項による平滑化によって除去できること,さらに,海流,恒流の影響の強い海域や,計算領域が小さすぎて複雑な地形に基づく流動が境界付近で取入れられない場合などでは,境界における流速制御,または流速制御と水位制御との併用により流動の再現性を高めることができるなどについて示した.
全文 vol015-no02-06.pdf(PDF/2.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る