定期船埠頭におけるバース数,泊地規模,貨物貯留量に関する事例研究

発行年月 1976年3月 港湾空港技術研究所 報告 015-01-04
執筆者 早藤能伸
所属 設計基準部 システム研究室
要旨 埠頭システムを解明するため,主に滞船関連が研究されてきたが,今回はさらに貨物貯留関係をも同時に組み入れ,滞船および貨物貯留についての汎用シミュレーションプログラムを開発し,同時に在来定期船バースで比較的未解明であった貨物関係の特性を明らかにした.それらをもとに応用可能と思われるケースについて,バース数,泊地規模,貨物貯留量の算定等を行ってマクロ的な計画に利用できるようにした.さらに,複雑な条件を外した場合には理論的数表が用意されているが,条件を付けた場合のシミュレーション結果と理論により得られる数表を条件に応じて読みかえを行うことを試み,今後シミュレーションのみに頼らず,マクロ的推計の場合には,理論数表の読みかえの可能性を示唆し,今後の研究につなげている.
全文 vol015-no01-04.pdf(PDF/1.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る