海水に浸漬したコンクリートのアクに関する実験的研究

発行年月 1975年12月 港湾空港技術研究所 報告 014-04-04
執筆者 関博,善一章,阿部正美,藤澤孝夫
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  海水コンクリート供試体を浸漬して,コンクリート表層から溶出する各種イオンによる海水のpH変化,CaOやSO3の溶出量などに関し検討した.実験要因は,セメントの種類,水セメント比,供試体脱型後浸漬までの空気中暴露期間,海水容量と供試体表面積の割合などである.
 試験結果によると,一般に普通ポルトランドセメント,A種高炉セメント,B種高炉セメントの順に浸漬海水のpHは小さくなる.水セメント比の小さなコンクリートではpHの上昇は早いが,45~62%の範囲ではpHの最大値に大きな相違は認められない.空気中に暴露する期間の相違がpHに及ぼす影響は,コンクリート使用材料や配合におけるよりも大きい.コンクリート単位表面積当りの海水容積が8.9cc/cm2では,pHの最大値は8.0(海水毎日交換)程度であって,海水の大容量となるとほとんどpH変化に寄与しない.
全文 vol014-no04-04.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る