重力式岸壁の震度と地盤加速度

発行年月 1975年12月 港湾空港技術研究所 報告 014-04-03
執筆者 野田節男,上部達生,千葉忠樹
所属 構造部 沈埋構造研究室
要旨  過去の被害地震における岸壁の解析および強震観測の成果等をふまえて,重力式岸壁の耐震設計に採用する震度と地盤に発生する地震動の最大加速度との関係を検討し,次式を得た.
 (式)(式は省略)
 ここで,地震動の強さに対応する震度(作用震度)は,過去の12地震・49港・129岸壁に対する現行の港湾構造物設計基準に拠る安定解析より求められたものであり,解析結果によれば作用震度の上限値は0.25であった.各港での地盤加速度は,強震観測による実測データに基づく基盤最大加速度-実効距離の関係を用い地盤の応答計算から推定した.
全文 vol014-no04-03.pdf(PDF/2.9MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る