超軟弱粘土の圧密定数の決定法

発行年月 1975年12月 港湾空港技術研究所 報告 014-04-02
執筆者 梅原靖文,善功企
所属 土質部 土性研究室
要旨  本報文は,標準圧密試験が困難な高含水比粘性土の圧密定数の決定法として,定率ひずみ方式による圧密試験法を提案している.この方法は片面排水条件のもとで供試体に強制的変位を一定速度で与え,供試体上下面で実測される圧密圧力,間げき水圧および沈下量からf-logp’関係を,また層厚の減少を考慮して圧密係数Cvを決定するものである.
 一方,層厚90cmの模型粘土地盤の自重による圧密沈下ならびに間げき水圧が深さ10cm毎に測定された.これらの圧密現象を定率ひずみ方式の圧密試験から得れた結果を用いて解析することにより,定率ひずみ方式の圧密試験が,高含水比粘性土の圧密定数を決定するための試験法として有用であることが確認された.
全文 vol014-no04-02.pdf(PDF/1.4MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る