電磁波による岩盤の破砕-局部加熱効果と熱破砕-

発行年月 1975年9月 港湾空港技術研究所 報告 014-03-05
執筆者 小岩苔生,白鳥保夫,高橋英俊,松本茂
所属 機材部 特殊作業船開発室
要旨  電磁波を岩盤に照射して破砕を行う場合,局部的な加熱による熱応力の影響が大きく,破砕効果に対する加熱領域の形状と大きさの影響は興味のある問題となる.
 本報告では,有限要素法により,加熱領域の形状を円筒形とした場合の領域の大きさの影響を調べた.計算結果によると,ある加熱領域の大きさに対してはある熱量が必要で,これ以上の熱量が加えられれば破砕量に対する加熱領域の大きさによる差異はあまりない.
 周波数915MHz,最大出力30kWの装置を用いてモルタルブロックと花崗岩について実験を行い,実験値を基に近似式による温度分布を与え,応力状態が破砕に達している要素ではE=0としモデル化して破砕量を求め,実験値と比較した.この結果,モルタルブロックでは照射エネルギと破砕量が比例し,花崗岩の場合には,小形の試料ではクラックが発生する事などが確認された.
全文 vol014-no03-05.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る