浅海域における波浪の砕波変形

発行年月 1975年9月 港湾空港技術研究所 報告 014-03-03
執筆者 合田良実
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  波浪が深海域から浅海域に進行し,海岸に打ち上るまでの波の諸変形のうち,砕波による波高変化について,理論モデルによる計算,模型不規則波による実験,ならびに現地観測による波浪データの解析を行ない,砕波帯内の波高推定法を提示している.
 この推定法は,不規則波の波高分布が水深によって規制される砕波のために次第に変形する過程をモデル化したもので,radiation stressによる平均水位の変化およびサーフビートによる水位動揺も考慮されており,その妥当性は,実験および現地観測データによってほぼ検証されている.この方法に基づき,深海域から汀線に至るまでの有義波高および最高波高の算定図表ならびに略算式が,沖波の波形勾配および改訂勾配をパラメータとしてとりまとめられている.
 なお,浅海域における波の非線型性についても言及されている.
全文 vol014-no03-03.pdf(PDF/3.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る