数値波動解析法による港内波高分布の計算

発行年月 1975年9月 港湾空港技術研究所 報告 014-03-02
執筆者 谷本勝利,小舟浩治,小松和彦
所属 水工部 防波堤研究室
要旨  任意形状境界に対する波動の解析法として開発を進めてきた「数値波動解析法」に,新しく任意反射率境界および無反射性仮想境界の計算法を導入し,開口部からの侵入波に対する港内における波動の解法として完成化した.
 まず,任意反射率境界壁前に形成された部分重複波および半無限堤による波の回折の問題に適用し,計算方式の妥当性を検討したのち,簡単な港湾形状に対する実験結果との比較,実際的港湾形状に対する適用例等を示している.本方式によって,開口部からの侵入波に対する港内水深変化および境界からの反射波の影響を考慮した港内波高分布の算定が可能である.
全文 vol014-no03-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る