桟橋スラブ上のコンクリート舗装の収縮ひびわれと防止対策

発行年月 1975年6月 港湾空港技術研究所 報告 014-02-04
執筆者 佐藤勝久,森口拓,浅島豊明,渋谷英男
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  千葉港のけい船桟橋スラブ上のコンクリート舗装に多数のひびわれが発生したので,その原因究明と防止対策につき研究を行なった.
 ひびわれ発生コンクリート舗装と同じ構造を含めて,4種類の試験舗装を桟橋スラブ上に作り,温度,ひずみ,変位など多方面からの調査試験を実施した.これらの結果に基づき,舗装版内に生ずる温度応力,ひびわれ原因,その防止対策などを検討した.
 その結果,ひびわれ発生原因は,舗装コンクリートの乾燥収縮と温度降下時の収縮が,舗装版が下の桟橋スラブと一体となっていることから拘束され,大きな引張応力を版内に生ぜしめたためであることが判明し,その防止には,桟橋スラブ上にポリエチレンシートなどの路盤紙を敷くか,適切な膨張セメントコンクリートを用いるとよいことも分かった.
全文 vol014-no02-04.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る