矩形断面浮体の波浪動揺に関する研究

発行年月 1975年6月 港湾空港技術研究所 報告 014-02-02
執筆者 木原力,轟正彦
所属 水工部 高潮津波研究室
要旨  本研究は波による矩形浮体の波浪揺に関する理論値が妥当なものであるか否かを自由浮体に関する実験値と比較することにより検討したものである.
 実験は水路において入射波周期を1.6秒から3.3秒まで0.1秒間隔に変化させ,浮体の水平,鉛直,回転運動の振幅を測定した.一方,理論計算としては,速度ポテンシャルを用いた解析解および差分方程式による浮体動揺逐次計算により浮体運動の各振幅を求めた.
 実験値と理論値を比較することにより,一般に理論値は浮体の回転振幅が大きくなる入射波周期のもとで,実験値と定量的にかなり異なる結果が得られた.これは,浮体運動に関する理論を導くに際し,浮体の回転変位を微小と仮定していることに起因する.    
 また浮体の波浪動揺による変位を考慮して遂次計算を行うことにより,水平変位は往復運動に加え漂流が生じる.そこで,計算において漂流が生じる原因を明らかにした.
全文 vol014-no02-02.pdf(PDF/1.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る