ADI法による潮流と汚染拡散の数値計算-大阪湾に適用した場合について-

発行年月 1975年3月 港湾空港技術研究所 報告 014-01
執筆者 金子安雄,堀江毅,村上和男
所属 海洋水理部 海水汚染水理研究室
要旨  Leendertse,J.J.によって開発されたAID法による潮流および汚染拡散の数値計算法を大阪湾に適用し,解の安定性,コリオリ力の効果や,粗度係数,拡散係数の変更による効果の検討を行うとともに,これらの数値計算結果を模型実験および現地実測値と対比してその再現性を検討したものである.
 数値モデルは二次元単層であり,拡散物質は保存系である.対象領域は現況地形(昭和46年)に限定し,潮汐,河川流量,拡散物質,汚染負荷量などについては,比較の関係上,模型実験条件と可能な限り同一になるようにしている.
 計算の結果,コリオリ力の効果は小さく,拡散係数も10~10-2m2/secの範囲では濃度分布の相異は微小であること,さらに,潮位,潮流の再現性は良好であるが,拡散計算では,湾奥の汚染源から西,南沿岸方向への拡散が,模型実験の場合よりも促進されること等が明らかになった.
全文 vol014-no01.pdf(PDF/2.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る