エアリフトの揚水性能式に対する一考察

発行年月 1974年9月 港湾空港技術研究所 報告 013-03-02
執筆者 岡山義邦,八木得次,佐藤 義博
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  エアリフトポンプを実際に用いる場合,ポンプの大きさが異ることによる揚水性能の変化を把握することは,その基本設計において重要なファクタである.
 本報告は,過去に行なわれた実験データを,ポンプの大きさを表わす無次元項D/Lで整理することによって求められた特性実験式について述べたものである.
 この式を用いることによって,最適なエアリフトポンプの設計方法を論じた.同時に2種類のノズルを用いて,その揚水性能に与える影響について調べた.
 この結果,ノズル形状の影響は,ノズルの上方1~2mで消めつし,結果的に揚水量に対してはほとんど影響を与えないことがわかった.
全文 vol013-no03-02.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る