砂層の振動性状

発行年月 1974年6月 港湾空港技術研究所 報告 013-02-03
執筆者 荒井秀夫,岩淵守義,中沢定男,北島誠治
所属 構造部 振動研究室
要旨 岸壁のような土に関係する構造物の耐震性を振動台による模型実験によって検討しようとする時,実験に適する模型材料を求めることがむずかしいので,土を用いて実験する場合がある.このような実験を行う際には,土の振動性状を調べて,実験の相似性を吟味しておくことが必要である.その第1段階として,振動台によって砂層の振動性状を調べ,乾燥砂層および飽和砂層の振動性状を既に報告した.それらの報告の実験において,砂層に与えた振動の波数は任意の数であったが,今回,振動の波数を各振動数10波に規制し,また,飽和砂層では動間げき水圧を測定する実験を行った.実験から求めた砂層のせん断弾性係数および減衰常数の拘束圧およびせん断ひずみによる変化を,これまでに発表されている砂の小試料による実験と比較し,振動台による砂層の実験が砂の動的性質を求める実験に占める位置を明らかにした.
全文 vol013-no02-03.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る