軽量ブロックによる土圧低減工法

発行年月 1974年6月 港湾空港技術研究所 報告 013-02-02
執筆者 善功企,沢口正俊,中瀬明男,高橋邦夫,篠原邦彦,橋本光寿
所属 土質部 基礎工研究室
要旨 矢板壁などの裏込め材として,単位重量の小さな軽量体を用いて,壁体に作用する主働土圧を低減する工法について報告する.実験に使用した軽量体は,セメントモルタルと発泡スチロールからなる軽量コンクリートで,その飽和単位体積重量は,ほぼ1.0t/m3となるように製造管理されている.用いる軽量体の形状については,粒形,矩形ブロック,版などが考えられるが,現場での施工性や軽量コンクリートの製造コストなどを考慮すると,矩形ブロックを適用した方が有利であることから,軽量矩形ブロック(幅43cm,高さ43cm,長さ60cm)を用いて実験を行なった.実験は次の2つのケースについて実施した.(1)裏込めが砂のみの場合,(2)裏込めが軽量ブロックと砂の場合.これらの実験結果から,軽量ブロックを裏込めに用いることによって,壁体に加わる主働土圧の大幅な低減が可能であることが明らかとなった.
全文 vol013-no02-02.pdf(PDF/1.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る