ポアソン到着待ち合せモデルの数表-埠頭の数および泊地規模の決定-

発行年月 1974年3月 港湾空港技術研究所 報告 013-01-04
執筆者 奥山育英,笹嶋博,早藤能伸,中井典倫子
所属 設計基準部 システム研究室
要旨  オペレーションズリサーチの手法を用いて,港湾計画における主要な決定事項である,埠頭の最適数と泊地の最適規模を求める方法を開発し,利用しやすい形に図表化し,利用方法についても簡単にふれている.
 具体的には,貨物船の入港分布,接岸時間分布を現実的な指数分布,アーラン分布とし,待ち合せ理論でいうところのM/M/S,M/E2/S,M/E3/S,M/D/Sの解をS=1から10までρ=0.05から0.80までの範囲で求め,その理論式の展開と,結果の図表化,具体的な港湾計画における利用方法を考察するとともに,この種の作業に欠かすことのできないアーラン分布表とポアソン分布表をも求めている.
全文 vol013-no01-04.pdf(PDF/2.7MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る