ネガティブフリクションに関する実験と考察(第1報)

発行年月 1974年3月 港湾空港技術研究所 報告 013-01-03
執筆者 高橋邦夫,沢口正俊,善功企,篠原邦彦,橋本光寿
所属 土質部 基礎工研究室
要旨  小型模型により,ネガティヴフリクションの実験を行った.圧密終了時で,地表面及び摩擦杭,支持杭の沈下量は,それぞれ6cm,5mm,1mmであり,杭体に発生した軸方向応力は支持杭・摩擦杭のいずれにおいても,最大値で約5kg/cm2であった.
 設計基準式により算定されるネガティヴフリクションの値は実験結果に比してかなり大きいが,計算に用いる地盤強度の取り方によっては危険側となる可能性も考えられる.Bjerrumの方法によると若干小さめとなるが,その後の理論の展開により改善された.著者等の式では杭中応力,沈下量共に大きい値を算出したが,中立点応力については実測値とよく一致している.
 第7回と第8回の国際土質基礎工学会議を中心にして関連文献の紹介を行った.
全文 vol013-no01-03.pdf(PDF/1.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る