海洋底における土質力学の問題

発行年月 1974年3月 港湾空港技術研究所 報告 013-01-02
執筆者 中瀬明男
所属 土質部 土質部長
要旨  海洋底の土に関する既往の調査結果のうち,土質力学的問題についての現況を報告する.既往の調査のほとんどは海洋サンプラーで採取した海底のごく表層のコアについて行なわれている.構造物の基礎地盤と考える場合の海洋底の土質力学的情報は少ないが,その物理的ならびに力学的性質には在来の港湾工事で経験したものと著しく異なる点は認められない.
 海洋底の土質力学的性質を調べるための試料採取においては,採取に伴う拘束圧の除去の影響が非常に大きくなることが予想される.海洋サンプラーで採取した試料は,拘束圧除去の問題の他に機械的乱れも大きいと思われるので,大水深海底においても在来と同程度の品質の試料を採取する装置と方法を開発することが必要である.
全文 vol013-no01-02.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る