波浪の統計的性質に関する調査・解析

発行年月 1974年3月 港湾空港技術研究所 報告 013-01-01
執筆者 合田良実,永井康平
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  現地波浪の表面波形記録として名古屋港92例(深海波相当)および浅海域の高波79例,計171例を収集,解析した.また,シミュレーションによる模擬不規則波4種類の解析を行ない,スペクトルとの関係を補足調査した.主要な結果は次のとおり.
 まず,波形のサンプリング周期をスペクトルのピークの周期の1/20以下にする必要がある.またRiceの理論による平均周期の推定値は,実測値の0.83±0.07倍である.波高の分布はスペクトルの形状にかかわりなくレーリー分布で近似でき,H1/3≒4.0ηrmsの関係が成立する.周期の代表値としてはT1/3が最も適当である.浅海域においては,相対波高の増大についれて,skewness,ηmax/Hmaxが増加し,Hmax/H1/3が減少する.またT1/3Tの比が大きく,スペクトルでは高周波側がf-4程度のものが多い.
 以上のほか,波高の連の長さその他の統計量についての整理結果も示されている.
全文 vol013-no01-01.pdf(PDF/2.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る