ドラグヘッドに関する研究(第1報)-ドラグヘッドの基礎形状について-

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-07
執筆者 八木得次,奥出律,是石昭夫
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  ドラグヘッドの土砂吸込性能に影響を及ぼす諸因子のうち,もっとも基本的な要因である吸込面積比Aq/apと辺比B/Lの2つをとりあげ,ドラグヘッドの吸込土量がポンプ流量Qとドラグヘッド走行速度VHと共にどう変わるかを調べ,そして土砂吸込性能が最大となる基礎形状を見出した.
 供試ドラグヘッドは,B/Lが一定でAq/apが異なるもの5種類と,Aq/apが一定でB/Lが異なるもの5種類である.実験は走行速度0,0.0051,0.087,0.132,0.173m/sの5速度について,ポンプ流量0~0.4m3/minの範囲で行なわれている.
 堀削跡の形状についての考察では,ドラグヘッド停止時の堀削幅,限界吸込面積,堀削深さおよび堀削量に関する表示式,またドラッグヘッド走行時の掘削幅,掘削深さおよび掘削跡横断面積に関する表示式を得た.
全文 vol012-no04-07.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る