各種地盤における平均応答スペクトル

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-05
執筆者 土田肇,倉田栄一,石坂徳三,林聰
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨 わが国の港湾地域で得られた強震記録の222水平成分について応答スペクトルを計算し,それらをスペクトルの形にもとづいてグループA,B,Cに分類した.各グループに属する観測地点の地盤条件を検討したところ,グループAは岩盤または非常に締った地盤,グループCは非常にゆるい砂質地盤,グループBはその中間的地盤に対応していた.各グループごとに,減衰定数0,0.025,0.05,0.1,0.25に対する平均応答スペクトルを求めた.
全文 vol012-no04-05.pdf(PDF/3.5MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る