連続載荷方式による急速圧密試験

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-04
執筆者 梅原靖文,松本一明,成田実,梅田裕史
所属 土質部 土性研究室
要旨 共通の試料を用いて,定率ひずみおよび定率漸増載荷の両方式による連続載荷圧密試験を実施し,標準圧密試験結果との対応性,載荷条件の影響および試験条件の影響を調べた.これらの試験においては間げき水圧の測定精度が非常に重要であり,高い測定精度を維持するためには,静水圧の75~100%程度のバックプレッシャーをかけることが予圧密よりも望ましいこと,過圧密領域では,圧密定数は載荷条件の影響を受け,遅い載荷条件のものが標準圧密試験結果との対応がよいのに反し,正規圧密領域では載荷条件の影響をほとんど受けないことが明らかにされた.また,全圧力に対する間げき水圧の割合にもとずき定率ひずみ試験結果を判定する方法および上述の特徴を考慮した修正定率漸増載荷圧密試験法を提案した.連続載荷厚密試験法はまた自動記録および自動処理が容易なこととあいまって,段階載荷法よりも急速圧密試験法としてより一層有効であることが確認された.
全文 vol012-no04-04.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る