空港アスファルト舗装のわだちぼれ

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-03
執筆者 森口拓,浅島豊明,渋谷英男
所属 土質部 滑走路研究室
要旨  5つの空港において,わだちぼれ発生箇所,わだちぼれの大きさ,表層基層アスファルト混合物の材料と性質,切取り供試体のマーシャル試験値などについて調査した.その結果,現行のアスファルト混合物の配合設計法による場合は,大型航空機荷重の繰返し作用に対してわだちぼれはまぬがれえないことが予想される.
 また,8種類のアスファルト混合物について,マーシャル安定度試験,ホイールトラッキング試験および繰返し一軸圧縮試験を行なった.その結果,特に安定性の大きな配合の混合物は見いだせなかったが,アスファルト量を比較的小さくし,骨材の最大寸法を20mm程度とするのが得策と考えられ,また安定性の大きなアスファルト混合物を配合するには,従来の設計法を変更ないしは修正する必要があると考えられる.
 なお,わだちぼれ発生は予測される区域には,むしろ積極的にコンクリート舗装を適用することを提案する.
全文 vol012-no04-03.pdf(PDF/3.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る