楕円柱体近似による固定船体に働く波力の理論および実験

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-02
執筆者 合田良実,高山知司,笹田正
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  船や浮遊式海洋構造物を係留したときに作用する波力の基礎研究として,楕円柱体がある吃水を有して水面に固定されているときに働く波力の理論を導き,実験的に検討した.
 理論解は楕円柱体の側面および底面の境界条件を満足し,円柱体を含めて任意の形状の楕円柱体に働く波力を計算することができる.境界条件の適用を若干緩めると近似解が得られるので,その近似精度を検討したところ実用上十分の精度を有し,かつ計算時間を1/10~1/20に短縮できることが認められた.
 実験では,直径50cm,短径10cm,吃水39および20cmの楕円柱体を水深40cmの箇所に設置した.波力の実験結果は理論値よりもやや大き目であったが,入射波の波長および波向による波力の変化の様相は理論値と良く一致し,理論解の妥当性を実験的に裏付けた.
全文 vol012-no04-02.pdf(PDF/3.0MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る