波と流れによる砂移動に関する実験

発行年月 1973年12月 港湾空港技術研究所 報告 012-04-01
執筆者 田中則男,小笹博昭,小笠原昭
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  波と流れが共存する場合に,漂砂に関する諸特性量(浮遊砂重量濃度分布,掃流漂砂量,リップル形状)が波だけの場合とどのように異なるかという点は,港湾・航路の埋没,河口閉塞等の問題を取り扱う際に是非検討しておかねばならない事項である.それにもかかわらず,波と流れが共存する場合の漂砂に関する実験例は少なく,それらについても無次元表示された形に整理されていないために現象の統一的な解釈が不可能であったり,流れを加えた際における砂移動状態についての物理的な考察が不足していたりするように思われる.
 著者等はまず波だけの場合の砂移動を無次元表示した形で示し,続いて波に加えた流れの断面平均流速に関する無次元量の変化に伴って砂移動の無次元量が変化する様子を検討した.その結果著者等が解析したデータの範囲内では,流れだけによって砂が移動する限界流速を境として漂砂に関する諸特性量の還移がおこることがわかった.
全文 vol012-no04-01.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る