エアリフトの揚水特性について

発行年月 1973年9月 港湾空港技術研究所 報告 012-03-08
執筆者 岡山義邦,八木得次
所属 機材部 流体輸送研究室
要旨  エアリフトによる固体輸送の前段階として,パイプ浸水率を変化させた場合の揚水性能および,垂直管内の基礎的性質を知るための実験を行なった.
 管内差圧より推定されたボイド率を,理論的に得られた垂直管内二相流の平衡式に用いることにより,揚水量曲線ならびに効率曲線が得られた.
 この結果,揚水量,効率はともに,管内二相流の流動パターンに大きく依存すると同時に,浸水率によっても著しく異ることがわかった.なお,今回観察された流れは,主として,ピストン流とスラグ流であったが,後者におけるボイド率ならびに気相速度は,従来のポンプ圧送による垂直管内気-液二相流の実験結果と,非常によく一致することもわかった.
全文 vol012-no03-08.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る