雑貨埠頭の上屋・倉庫のシステム設計(第2報)

発行年月 1973年9月 港湾空港技術研究所 報告 012-03-06
執筆者 早藤能伸,工藤和男
所属 設計基準部 システム研究室
要旨  第一報(港研報告Vol.11,No.4)で雑貨埠頭の上屋・倉庫の容量の決定法についての解析的な扱いについて報告した.この場合はモデルの性質から現象の細部については捨象せざるをえなかった.今回は第二報としてシミュレーションモデルによるアプローチを試みたが解析的なモデルとの差は次のような諸点である.
 1)本船の着岸待ち合せをモデル中に組み込んだ.
 2)荷役速度を可変なパラメーターとして入れて荷役時間の影響を分析できるようにした.
 3)揚,積の関係を実際に則して組み込み,揚荷完了後積荷を開始することとした.
 4)在庫量の変動を平均値,分散のみならず,時系列と頻分布で求められるようにした.
 これらの改良により,一層実用的な解が得られたと考える.平均滞留時間が2週間の場合では両者の差は約10%程度である.
全文 vol012-no03-06.pdf(PDF/958KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る