前面に遊歩道を持つ海浜護岸について-越波特性からの断面形の検討-

発行年月 1973年9月 港湾空港技術研究所 報告 012-03-03
執筆者 服部典節,佐藤昭二
所属 水工部 部付
要旨  レクリエーションのための海浜利用の見地から,前面に遊歩道をもつ護岸が推奨される.そのような護岸の越波特性を調べ,海浜に適した断面形を見出すため2次元実験を行なった.その結果,次のことがわかった.
(1)前面に遊歩道をもつ護岸は,通常の海浜に基礎を設け直立壁にパラペットをもつ護岸より,その高さを減少することが出来る.
(2)遊歩道前面の胸壁は,若しも排水が完全に行なわれないならば,越波防止に役立たない.従って,胸壁を遊歩道前面につけるべきではない.
(3)遊歩道の高さの増加にともない,越波流量は減少し,次に増加,更に減少する.そして,最後に理想的なレクリエーション海浜の形を提案している.
全文 vol012-no03-03.pdf(PDF/1.8MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る