衝撃砕波圧を受ける混成防波堤の挙動に関する考察

発行年月 1973年9月 港湾空港技術研究所 報告 012-03-01
執筆者 合田良実
所属 海洋水理部 波浪研究室
要旨  混成防波堤は,マウンドおよび地盤の動的応答のため,強大な衝撃砕波圧を受けても滑動しないことが考えられる.マウンドおよび地盤のばねとしては水平ばねと回転ばねの二つがあり,地盤係数としては現地防波堤に対して100~200t/m3と推定される.
 振動系のモデルとしては,直立部の質量に等しい仮想質量をばね部に与えた連成ばね系が適当であり,その妥当性は砕石マウンド上の模型壁体に重錘を衝突させる衝撃試験によって確かめられた.
 衝撃砕波圧の力積を砕波の前進運動量から算出し,その時間変化を三角型パルスとし,これに引き続いて腰掛部波圧が作用する場合について直立部の運動を計算した結果,底面せん断力の上限値がFmax=4w0Hb2と定められた.平均波圧強度に換算して,最大の場合でもp=(2~3)4w0Hb2であり,設計砕波圧としてはさらに小さな値で十分と考えられる.
全文 vol012-no03-01.pdf(PDF/2.1MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る