沈埋トンネルと地盤の相互作用に関する実験的研究(第2報)-断層,不等沈下による影響-

発行年月 1973年6月 港湾空港技術研究所 報告 012-02-04
執筆者 中野拓治,田淵民雄,青木義典
所属 構造部 材料施工研究室
要旨  材料施工研究室では沈埋トンネルのような地中構造物が,地盤の変形によって受ける影響を実験的に調べるため,試験槽内の地盤に任意の変形を与えることのできる地中ひずみシュミレーターという装置を用い,種々の実験を行なって来ている.
 本報告は試験槽内の地盤にトンネル模型(アクリル樹脂製)を埋設し,地盤に断層や不等沈下を想定した変形を与え,それにより生ずる模型の変形,ひずみを測定した.
 実験結果によると断層,不等沈下がトンネルに及ぼす影響は,これを弾性床上のはりとして説明し得ることがわかった.ただし,計算に用いる地盤反力係数はクイの横抵抗で用いるそれとよく一致し,弾性波速度から地盤の弾性率を求めて決める現在の沈埋トンネルの設計に用いられている地盤反力係数の40~50分の1という値になった.
全文 vol012-no02-04.pdf(PDF/1.3MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る