地盤内の地震動分布に関する研究(第1報)-粘土地盤における地震動の観測と解析-

発行年月 1973年6月 港湾空港技術研究所 報告 012-02-03
執筆者 荒井秀夫,岩淵守義
所属 構造部 振動研究室
要旨  深さ約40mに岩盤の存在する野外実験場の粘土地盤に地中地震計を設置して地震動を観測した.地震動の加速度を表わす記録波形から変位波形を計算した.記録波形および変位波形のフーリェスペクトルを求め,それらを比較検討した.
 次いで,地表における記録波形および変位波形から重複反射理論によって地盤内における地震波形を計算した.計算の結果得られた地盤内における地震動の最大値の垂直分布を,観測から得られた最大値の垂直分布と比較した.地盤のモデルとして深さに伴って剛性が増加するものを用いたとき,地震動の最大値の垂直分布の計算値と観測値とはかなりよく一致した.
全文 vol012-no02-03.pdf(PDF/1.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る