大型荷役機械を上載する桟橋の振動性状

発行年月 1973年6月 港湾空港技術研究所 報告 012-02-01
執筆者 稲富隆昌,林聰,山下生比古
所属 構造部 耐震構造研究室
要旨 最近,日本各地に建設されてきたコンテナ専用埠頭桟橋は上載荷重として大型荷役機械であるコンテナクレーンを使用しているため地震時にどのような振動性状を示すか解明する必要がある.そのため,建設途中の実物桟橋に対して一連の実験を行ないこの種の耐震性に関する幾つかの基礎資料を得た.桟橋の上部工の加速度が30gal程度では桟橋の振動に対してコンテナクレーンの影響はほとんど無く,また桟橋は一体となって振動することが判った.この実験結果をもとに仮定された桟橋・コンテナクレーン振動模型によって地震応答計算を行なった結果,桟橋の上部工を連結しコンテナクレーンの荷重を桟橋全体に分散し杭径の減少をおこなうと従来の1ブロック単体における桟橋よりその地震応答は小さくなりより経済的にかつ耐震的になることがわかった.しかし,コンテナクレーンの応答は桟橋と逆の傾向になり十分な配慮は必要であることがわかった.
全文 vol012-no02-01.pdf(PDF/2.2MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る