過圧密粘土の圧密特性

発行年月 1973年3月 港湾空港技術研究所 報告 012-01-04
執筆者 中瀬明男,小林正樹,兼近明男
所属 土質部 土質部長
要旨 過圧密粘土の圧密諸係数を検討するため,繰り返した海成粘土の圧密膨張によって調整した過圧密粘土の圧密試験を行なった.その結果,圧密降伏圧力は圧密先行圧力より10%大きくなること,過圧密粘土の体積圧縮係数は同じ圧力に対応する正規圧密状態における値よりも小さく,その変化状況は最初の過圧密比によって規定されること,過圧密粘土の圧密係数は対応する正規圧密状態における値よりかなり大きいことが認められた.また過圧密粘土の体積圧縮係数ならびに圧密係数の値は,圧密先行圧力の2~3倍の圧力に至って正規圧密粘土のものに移行する.
全文 vol012-no01-04.pdf(PDF/931KB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る