移動床模型実験用底質材料としての石炭粉の特性について

発行年月 1973年3月 港湾空港技術研究所 報告 012-01-01
執筆者 田中則男,新保修
所属 水工部 漂砂研究室
要旨  移動床模型実験用底質材料として,石炭粉など軽比重の物質が用いられることが多い.しかしながら,比重の相異による移動あるいは地形形成の特性については,十分な検討がなされているとは言いがたく,軽比重物質の採用についてはその特性の十分な事前試験が必要であると考え,種々の二次元的な実験を実施した.
 その結果,移動限界条件に石炭粉の形状あるいは粘性効果が介入することはなく,比重の更正のみを考えればよいこと.浮遊砂量は,底面に形成されるリップルによる底面粗度の効果が粒子が軽いことと相殺し合うことがあり,必らずしも軽比重物質の浮遊砂量が多くないこと.また,波形勾配が大きくなると,砂では欠壊性の前浜が形成されるのに反して,石炭粉では堆積性となり,波形勾配の小さな波に対しても,石炭粉は砂と逆な傾向を示すことが明らかになり,実用的な実験に軽比重物質を用いることには疑問があるものと考えられた.
全文 vol012-no01-01.pdf(PDF/3.6MB)

発行年一覧を表示/検索

条件を入力して検索する

ページの先頭へ戻る